HOME>イチオシ情報>様々な料理を学ぶことができ、普通科の授業も受けられる

授業内容は実習と普通学科

従業員

調理科を設けている高校は全国に展開されており、それぞれのカリキュラムを提供して生徒指導に当たっています。ほとんどの高校が調理の基礎的な技術から学ぶ授業や実習から始まり、3年間をかけて様々な調理技術を習得し、普通学科の授業や単位も取得して卒業となります。学校によっては卒業時に調理師免許の取得が可能な場合もあり、その際、卒業する生徒には高校卒業の資格も与えられるため、高卒の学歴を希望する方にも通いやすい学校と言えます。授業内容も日本料理や中華料理、西洋の料理など多岐に渡り、製菓や製パンの授業を提供している高校もあります。また、音楽や体育の授業も時間割に組み込まれていますので、普通科と同じように全教科の勉強をすることも可能です。

清潔第一が校則

女性

調理科は始め、包丁の使い方などの基礎的なことから教わるため、料理をしたことがない方も安心して授業を受けることができます。そして校則ですが、高校ということもあり、正しい制服の着用などの基本的な校則は普通科と変わりはありません。ですが、食べ物を扱う授業ですので一般的な飲食店と同様に清潔が第一とされるため、長い爪やネイルなどは禁止している学校も多いです。また、髪型は短い方が好まれますが一つにきちんとまとめることができればOKで、髪色やメイクはNGとしている学校がほとんどとなっています。

夢を描いている方には最適な学校

調理

調理科のある高校は、料理の基本から応用まで料理に関する様々な授業や実習を受けることができます。なお、校則には清潔な身なりなどが求められますので、ネイルやメイク、染髪がしたい方には向いていません。ですが、調理師免許の取得や高卒の資格も得られるため、普通科の高校を卒業してから調理師専門学校へ進学するよりも、早いペースで調理師への夢を実現できますので明確に調理師になるという目標を抱いている方にはお勧めです。

広告募集中